パイン

森林のように清々しいフレッシュな香り♪

古代エジプトやギリシャ、アラブでは呼吸器系の感染症、気管支炎、肺炎、結核に効果があるとして利用されていました。

殺菌、小国作用も強く、空気を浄化させリフレッシュしてくれるので、ルームフレグランスに向いている精油です。

では、パインの心体への効能をみていきましょう。 

スポンサードリンク

心への効能

心への効能 イメージ写真

刺激作用などにより、疲れきった心や落ち込んだ心をを癒して、元気・活力をを与える働きがあります。

頭がすっきりしないときや、リフレッシュしたいときに有効です。

体への効能

体への効能 イメージ写真

殺菌(抗菌)作用や、気管や気管支にたまった痰を除去する「去痰作用」がある成分が含まれており、呼吸器系の痛みや炎症を和らげる効果があります。

また、鼻水や鼻づまりの症状の改善に役立ちます。

肌への効能

肌への効能 イメージ写真

殺菌作用や消毒作用、抗炎症作用のある成分も含んでおり、湿しんやアトピー性皮膚炎など、治りにくい皮膚のトラブルに使用される例があります。

主な芳香成分

モノテルペン炭化水素類 α-ピネン(25~50%)
β-ピネン(10~35%)
カンフェン(~10%)
ミルセン(5~10%)
リモネン(~25%)
エステル類 酢酸ボルニル(~15%)
その他 β-カリオフィレン(微量)

針葉樹に多く含まれているピネンが主要成分です。その為、樹木に接して精神を癒す「森林浴」の効果が期待できます。

注意事項

  • 肌への刺激があるので、敏感肌の方は使用量に注意しましょう。

スポンサードリンク

香りの特徴

香りのグループ 樹木系
揮発度 トップ~ミドルノート
香りの強さ 中~強い

相性の良い精油

おススメの使用方法

入浴、芳香浴、ヘアケア、トリートメント、スキンケアなど。

購入の目安とポイント

10mlで2,000円~3,000円。

パインにはいくつかの種類があり、香りや作用が異なりますので、購入の際は学名をよく確認しましょう。

データ

学名 Pinus sylvestris
英名 Pine
科名 マツ科
種類 高木
別名 パインニードル、スコッチパイン
和名 ヨーロッパアカマツ(欧州赤松)
抽出部位 針葉と球果
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 オーストラリア、フランス、ロシアなど。

以上、「パインの効能」でした。参考になれば幸いです。